fc2ブログ

Take a look at this

2020.11月 錦秋の京都・滋賀 (20) 哲学の道散歩

今日はホテルに戻ったり、また出かけたりの繰り返しですが

こんなことが気軽にできるのも、バスの1日乗車券があるのと豊富なバス路線のおかげです。

さて、3度目の出発は「哲学の道」を目指して。

ここに来るのも本当に久しぶり。

IMG20201118152848_R.jpg

いつ来ても素敵な散歩道です。

IMG20201118153234_R.jpg

と、道路の反対側を見ると、お、あれは有名なお店「草喰 なかひがし」さんではありませんか

予約が取れない日本料理店として有名なお店なので、名前だけは知っていましたが、こんなところにあったんですね。

IMG20201118153127_R.jpg

そのうち一度はトライしてみようかな。

IMG20201118153614_R.jpg

銀閣寺の手前で右に折れて、疎水沿いに歩いてみましょう。

IMG20201118153846_R.jpg

IMG20201118154224_R.jpg

ところどころに見える紅葉がなんとも旅情をかきたてます。

IMG20201118154522_R.jpg

どんな方がお住いなんでしょうね。

IMG20201118154600_R.jpg

IMG20201118154922_R.jpg

哲学の道を行きかう人々も旅情を楽しんでいるよう。

IMG20201118160652_R.jpg

IMG20201118161920_R.jpg

IMG20201118162015_R.jpg

途中、大豊神社に寄り道

IMG20201118161603_R.jpg

大豊神社(おおとよじんじゃ)は平安時代初期(887年)に宇多天皇の病気平癒を願って藤原淑子が創建したと伝えられています。

この神社では本殿よりもむしろ境内にいくつもある末社がそれぞれの特色があるとのこと。

特に狛犬ならぬ狛ねずみの大国社が有名だそうで、私達も早速お参りしてみましょう。

IMG20201118161223_R.jpg

狛ねずみちゃんたちをアップで。

左側の吽形狛鼠が抱えているのは水玉で、これは長寿を表しています。

右側の阿形狛鼠が抱え持っているものは学問を意味する巻物です。

mouse.jpg

火伏せの狛鳶(とび)の愛宕社と鬼門除けの狛猿の日吉社

IMG20201118161335_R.jpg

そろそろ哲学の道の端っこにさしかかりました。

途中で疲れたらいくつもカフェがありますが、若王子神社の近くには叶匠寿庵のお茶室もあります。

おいしい和菓子とお抹茶で一息つくのもよさそうです。

そろそろ永観堂の夜間拝観の受付時間が近づいてきました。

私達も急ぎましょう。
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment