fc2ブログ

Take a look at this

2020.11~12月 冬の山陰を訪ねて (26) 高梁てくてく散歩

お城から下りて高梁の町中にやってきました。

高梁市は、鎌倉時代の秋庭三郎重信によって臥牛山の山頂へ砦が築かれて以来、明治維新までこの地方の政治・経済・文化の中心となり、城下町として栄えてきました。

それだけに数多くの史跡が残っており、歴史を感じさせる町並みです。

さて、町中には何ヶ所か無料の観光駐車場があるのですが、よくわからずに一番便利そうな「観光駐車場」という名称の有料駐車場に車を停めて、そこから町歩き開始です。

地図をいただきました。

IMG20210325100808_R.jpg

右下の黄色い矢印がさっき行った備中松山城で、黄色い楕円で囲んだあたりを歩いてみようと思います。

アップで

IMG20210325100746_R.jpg

頼久寺、武家屋敷、紺屋川美観地区を目指して町歩きスタート。

紺屋川に出てきました。

IMG_0049_R_20210324150009720.jpg

川面には鴨や水鳥がのんびりと泳いでいます。

IMG_0050_R_20210324150010c6f.jpg

IMG_0051_R_20210324150012b7d.jpg

続いて高梁キリスト教会堂 県下最古の教会で、県の史跡に指定されています。

IMG_0052_R_20210324150013c0f.jpg

紺屋川筋

IMG_0053_R_20210324150015000.jpg

頼久寺 (国指定名勝)庭園は、江戸時代初期、備中国奉行・小堀遠州の初期の作庭で、禅院式枯山水蓬莱庭園代表的庭園でだそうですが、例によって(笑)入場はせず。

IMG_0054_R_20210324150016cb1.jpg

IMG_0055_R_20210324150018ec0.jpg

武家屋敷が並ぶ町筋

IMG_0056_R_20210324150020558.jpg

IMG_0057_R_2021032415002111e.jpg

武家屋敷が並ぶのは限られた一角でそれほど広くはありません。

正直、今回は鳥取県の倉吉や松江、石見銀山そして今朝ほど歩いた吹屋など風情ある町並みをたくさん見てきたので、「え、これだけ?」って思ってしまいました。

IMG_0058_R_20210324150023e6d.jpg

高梁市は昔から岡山の小京都として有名でしたから、一度は来てみたいと思っていましたが、日本全国各地に素晴らしい町並みがあり、今回GoToトラベルのおかげでいくつかを訪問することができたのはとてもよかったです。

それでは、まだ帰りの飛行機の時間まで観光を続けましょう。
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment