fc2ブログ

Take a look at this

ワクチン接種申し込み狂想曲

いよいよわが市でもワクチン接種の申し込みが開始された。

一足早く開始された隣の市に住む友人たちからは、ラインで次々に申し込み画面がわかりにくいとか、何時間もやっているといった情報が流れてきて、本当に大変そうだなと感じていた。

そしていよいよ申し込み開始となる昨日の朝8:30,いつもより早めに朝食を済ませ、オットとそれぞれの部屋でパソコンとスマホ、タブレットをスタンバイ。

前日までには申し込みサイトの「お気に入り」登録も済ませておいた。

隣の市では、1回目と2回目のワクチン接種申し込みはセットではなく、1回目の申し込みが完了してからようやく2回目に進めるようになっている。

なので、1回目が申し込めても2回目がスムーズにいかず、てこずったりするらしい。

で、当日である。

恐る恐る申し込み画面を開いてみる。

wakutin.jpg

事前に送られてきたクーポン券に記載の番号と生年月日でログイン。

しか~し、ここからつまずく。

予想はしていたことだが、一歩進むたびにサーバーエラーになるのだ。

同じ市内に住む友人(彼女は高齢者ではないので対象外)から、サーバーがダウンしたみたいという連絡が入った。

さもありなん、そんなこと最初から予想できるんだから対策しろよ!

その後、亀よりも遅い歩みで1歩進んでは3歩下がるといった具合で、なんとか1回目の予約がとれた。

そう、わが市でも1回目と2回目は別々に予約するシステムなのだ。

2回目の予約に挑むこと、3時間、人生でこんなに粘ったことはないというくらい。

ちなみに同時に始めたオットは運よく1時間ほどで1、2回目の両方の予約完了。

申し込み開始から4時間30分後に2回目の予約完了。

申し込みが殺到してサーバーがパンクすることくらい、誰でもわかるのになんで対策しないのだろう?

せめて後期高齢者から始めるとかできないのだろうか?

多分、高齢者を年齢別により分けて受付することのほうが手間がかかる&費用がかかるのだろう。

アベノマスクなんぞに予算使わずに、必要なところに必要なもの(こと)をなぜできないのだろう。

それもこれも自分たちが選んだ政府のすることだよ、と言われれば否定はできないのだが。
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment