fc2ブログ

Take a look at this

2021.6月 利尻・礼文に花を訪ねて (10) 民宿やざわ

礼文島では3泊する予定で、「民宿やざわ」にお世話になりました。

この時期(6月)、礼文島の宿泊費は爆上がりします。

繁忙期とはいえ、ちょっと高すぎる気もしますが、仕方ありません。

ネットでいろいろな口コミも見て、値段と相談して決めました。

フェリーターミナルからは本当に近いので、大きな荷物があっても大丈夫。

カラフルできれいな建物が並んでいますが、ほとんど休業中。

DSC00415_R.jpg

DSC00416_R.jpg

こちらが「やざわ」さんです。

DSC00417_R.jpg

久し振りに「ザ・民宿」に来ちゃった。

お部屋は2階です。

ドアを開けるといきなり「部屋」のパターンです(笑)

DSC00418_R.jpg

6畳一間で、全体を撮ろうにも廊下から頑張って撮ってこれが精一杯。

DSC00419_R.jpg

「畳」というだけでも立ったり座ったりで一苦労ですが、さらに狭さが追い打ちをかけて大きなスーツケースの置き場に困りました。

洋服掛けは壁にかかったハンガー3本のみ。

唯一の救いはこんなに狭いのに洗面台とトイレが部屋にあること。

洗面台の鏡に私が映り込んでしまっていますが、隣のドアがトイレでウォシュレットです

DSC00420_R.jpg

ちいさなちゃぶ台、じゃなくてメラミンのテーブルにはお茶セット。

DSC00421_R.jpg

部屋の外の廊下部分には共用の大きな洗面台(学校にあるようなステンレスの横長の流しがあるタイプ)とトイレがあります。

そのほか、冷蔵庫もあってこれも共用です。

バスタオルは毎日使ったら冷蔵庫の前にあるかごに入れておき、翌日新しいタオルをもらいます。

シーツ、浴衣などは滞在中はずっと同じものを使います。

久し振りに、本当に久しぶりにこういう宿に泊まります。

ま、昔はこれが当たり前だったんだけれどね。

一昨年の十勝岳温泉もお部屋は似たようなものだったけど、一応旅館だし、エレベータあったし。

お風呂はホテル礼文の温泉を利用できます。

いつもは近くの温泉施設の利用券をいただけるようですが(それもあってこの宿に決めた)、なんとボイラーが壊れてしばらく休業とのこと。

ということで、夕食前にホテル礼文にお風呂をいただきに行きます。

ホテル礼文は香深港の真ん前で、場所的には一等地にあります。

民宿やざわがホテル礼文の裏にあるという方が正しいね、うん。

ロビーで一声かけて7階の大浴場へ。

IMG20210621170917_R.jpg

IMG20210621171130_R.jpg

空いています

IMG20210621171159_R.jpg

IMG20210621171207_R.jpg

大きな窓からは香深港が一望でき、晴れていれば利尻富士が正面に。

IMG20210621171217_R.jpg

IMG20210621171234_R.jpg

rebunbath.jpg
(ホテル公式サイトより)

露天風呂もあり、温泉に入りながら利尻富士が眺められて最高です
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment