fc2ブログ

Take a look at this

2021.12月 銚子お買い物ツアー (3) 犬吠埼灯台

犬吠埼と言えば、関東最東端で元旦には初日の出を見ようとたくさんの人が訪れる場所でもありますね。

DSC02278_R.jpg

随分前にここにも来たとオットは言うのですが、私は「記憶にありません」。

DSC02279_R.jpg

入り口に設置された白いポストは「幸せを呼ぶポスト」だそうです。

IMG20211213155117_R.jpg

2012年(平成24年)3月14日に灯台を管理する銚子海上保安部と銚子郵便局が協力し、茨城県神栖市内の集配センターで保管していた1960年製造の丸型ポストを白い犬吠埼灯台に因んで白く塗った白い郵便丸型ポストを設置したそうです。

3月14日のホワイトデーに設置されたので「恋愛が成就するポスト」、「幸せを呼ぶポスト」、「願いが叶うポスト」とも言われています。(銚子市観光協会HPより)

灯台の中には入らずに(99段の階段をのぼらなくてはいけないから!)、周りの遊歩道を歩いてみることにしました。

DSC02280_R.jpg

DSC02281_R.jpg

なかなかいい景色です。

DSC02282_R.jpg

DSC02283_R.jpg

一周ぐるっと回って正面に戻ったら、何やら海に向かったてすりに案内板を取り付けている方がいて、何だろうと覗いてみたらこんな内容の案内板でした。

DSC02284_R.jpg

そう、東映映画のオープニングにあらわれる「荒磯に波」はここだったんですね!

DSC02285_R.jpg

ちょっと遠いね

DSC02286_R.jpg

角度を変えて

IMG20211213155803_R.jpg

もう1枚取付中のプレートには、三越百貨店の包装紙もここから生まれたとの説明がありました(写真なし)。

包装紙のデザインをされたのは猪熊弦一郎画伯。
「華ひらく」と名づけられたデザインは、画伯が千葉の犬吠埼を散策中、海岸で波に洗われる石を見て、「波にも負けずに頑固で強く」をテーマにしようと考えたことから生まれたそうです。

inokumagenichiro_03.png
(三越のサイトより)

そのデザイン画を受け取りに行ったのが、当時三越の社員だった漫画家のやなせたかしさんだそうで、思わぬところにいろいろなエピソードがあるものですね。

今度は少し離れたところから犬吠埼灯台を眺めようと、君ヶ浜にやってきました。

DSC02289_R.jpg

だんだんに夕暮れていく空と灯台が絵になります。

DSC02292_R.jpg

砂浜を入れて

IMG20211213160818_R.jpg

では、そろそろ今日のお宿に向かいましょうか。

スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment