fc2ブログ

Take a look at this

2022.4月 別府・下関 (8) 2日目~地獄めぐりその2(坊主地獄・かまど地獄・鬼山地獄)

「地獄めぐり」ツアーで回るのは全部で7つの「地獄」ですが、実はそれぞれの地獄に所有者がいるのだそうです。

その所有者さんたちが集まって作っているのが「別府地獄組合」で、その公式サイトがこちらです。

地獄めぐりツアーではこの地獄組合に所属する地獄を回るのですが、地獄組合に所属しない単独の地獄もあり、そちらを見たい場合は別途見学料を支払う必要があります。

車があれば、自分たちで回ればいいと思いますが、この共通チケットが¥2000(大人)しますし、自分たちでは気付かない名所や見どころなどの説明もあり、ツアー代金¥3900(大人1名)は決して高くはないと思います。

さて、この地獄7ヶ所ですが、「海地獄」「坊主地獄」「鬼山地獄」「かまど地獄」「白池地獄」の5か所は歩いて回ります。

位置関係はこんな感じです。

DSC02834_R.jpg

海地獄を出るとすぐ右側にある「鬼石坊主地獄」へ。

IMG20220418101305_R.jpg

灰色の熱泥がぽこぽこと沸騰する様子が、つるつるの坊主頭に似ていることから、「鬼石坊主地獄(おにいしぼうずじごく)」の名がついているそうです。

IMG20220418101328_R.jpg

「鬼の高鼾」 鬼がいびきをかいているように聞こえるのでしょうね。

IMG20220418101412_R.jpg

DSC02832_R.jpg

DSC02831_R.jpg

私達がイメージする「地獄」に1番近いかも。

IMG20220418101859_R.jpg

お次は「かまど地獄」

IMG20220418102429_R.jpg

IMG20220418102530_R.jpg

入ってすぐ、大きなかまどがありました。

IMG20220418102543_R.jpg

かまど地獄は、古来より氏神の竈門八幡宮の大祭に、 地獄の噴気で御供飯を炊いていたことがその名の由来。かまど地獄は1丁目~6丁目までさまざまな湯の池がある。(公式サイトより)

IMG20220418102811_R.jpg

いろいろなタイプの湯があります。こちらは「極楽」3丁目。

DSC02837_R.jpg

飲んでみたり、湯気を吸いこんだり、顔や手に湯気を当ててみたり。

DSC02839_R.jpg

ここは「極楽」4丁目。

DSC02842_R.jpg

こっちは「地獄」4丁目

DSC02841_R.jpg

地獄5丁目です

DSC02849_R.jpg

ここが6丁目だったかな?

DSC02846_R.jpg

さ、次行きましょう、次

次の地獄は「鬼山地獄」

DSC02850_R.jpg

DSC02851_R.jpg

こちらの源泉は99.1度。

DSC02852_R.jpg

鬼山地獄は、別名「ワニ地獄」とも呼ばれており、大正12年に日本で初めて温泉熱を利用し、ワニ飼育を開始した。 現在、クロコダイル、アリゲーターなど、約80頭のワニを飼育している。(公式サイトより)

で、ワニです(笑)

DSC02854_R.jpg

フェンスで囲われた中は、全部ワニちゃんたちのおうちです。

DSC02857_R.jpg

でれでれ~

DSC02856_R.jpg

ま~、ワニはワニなので(なんのこっちゃ)「ふ~ん」とあまり感動はありません。

徒歩でめぐる地獄の最後、「白池地獄」に向かいましょう。
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず