fc2ブログ

Take a look at this

2022.6月 ヒルトン東京ベイに泊まる東京散歩 (1) 池上本門寺から九品仏へ

6/27~29の2泊、千葉とく旅キャンペーンを利用した旅第7段は、ヒルトン修行の3回目でもあります。

今回の千葉とく旅キャンペーンでは、ヒルトン東京ベイに本当にお世話になりました。

HPCJ料金を利用した上に千葉とく旅キャンペーンも適用になり、さらにクーポンもいただいてありがたい限りです。

今回のヒルトン東京ベイ滞在では、ずっとオットが行きたがっていた等々力渓谷に行ってみることにしました。

私は一応東京育ちではありますが、東京の西側、特に世田谷区や大田区にはほとんど行ったことがありません。

名前やどの辺にあるかは何となく知っていても、行ったことはなかったので今回は東急線を利用した1日散歩にチャレンジです。

さすがにお部屋もラウンジも前回と同じなので、部屋番号だけの記録です。

今回は前回同様セレブリオルームの1068号室。

IMG20220627155036_R.jpg

2泊ですが、1日目は自宅をゆっくり出て4時ごろのチェックイン。

オットはお部屋のお風呂、ワタシはリビスタのお風呂に入り、のんびりしてからザ・スクエア内のラウンジでカクテルタイム。

その後は部屋でのんびりテレビなど見て就寝。

2日目の朝食です。

0628朝食

JRで大井町に出て(りんかい線は高いので・・・・)、東急ワンデーパス(¥680)を購入します。

実はワタシ、高校の時は東急東横線を渋谷から利用していましたが、それ以外の東急線はほとんど乗ったことがありません。

主に世田谷区、品川区、大田区あたりを細かく走る東急線に乗る機会はほぼゼロでした。

大井町から東急大井町線、池上線と乗り継いで

IMG20220628112903_R.jpg

やってきたのは池上駅。

IMG20220628123134_R.jpg

これは東急池上線のグリーンをモチーフにしたみどりのポスト

IMG20220628123119_R.jpg

駅前通りを進み

IMG20220628115131_R.jpg

目的地はもうすぐ

IMG20220628115555_R.jpg

池上本門寺に到着

IMG20220628115848_R.jpg

IMG20220628115947_R.jpg

IMG20220628120232_R.jpg

池上本門寺といえば「御会式」が有名ですが、一度も行ったことはありません。

仁王門

IMG20220628120309_R.jpg

門の両側でにらみを利かせている方々

本門寺

この仁王門の先にある大堂にお参り後、周りを見渡してその先は墓地だけだと思い、また池上駅に戻ったのですが、本殿や日蓮上人御廟所はその先にあったということを今、HPをみて初めて知りました

次に降り立ったのは九品仏駅。

IMG20220628131318_R.jpg

東急線というと、なんとなくあか抜けたイメージがあるのですが、池上線や大井町線沿線は線路わきの家々の軒先をとおるようなローカル感満載の路線ですね。

世田谷線などはつい最近まで路面電車が走っていたような記憶があります(年がばれる?)。

九品仏駅を降りるとすぐに浄真寺参道があります。

IMG20220628131419_R.jpg

参道の突き当りに総門があります。

IMG20220628131704_R.jpg

総門をくぐり、左手に閻魔堂を見ながら突き当りを左に折れると

IMG20220628131753_R.jpg

正面に山門が見えてきます。

IMG20220628131906_R.jpg

九品仏浄真寺のHPからお借りした境内図です。

kuhonbutu.jpg

仁王門を守ってる方々

九品仏

IMG20220628132009_R.jpg

仁王門(山門)をくぐると左手に鐘楼があります。

IMG20220628132048_R.jpg

仁王門を背にさらに進みます。両側から緑したたる枝が伸びていますが、秋になると紅葉が見事でしょう。

IMG20220628133626_R.jpg

青紅葉で気持ちが洗われるようです。

IMG20220628132203_R.jpg

左から「下品堂」「上品堂」「中品堂」とならんでおり、中には阿弥陀仏像が3体ずつ納められています。

IMG20220628132545_R.jpg

由来や「上品」「中品」「下品」の意味については、公式サイトをご覧いただければ幸いです。

IMG20220628133240_R.jpg

また、これらの九品仏はすべて無料で拝観できます。

滴る緑の中、静かにおわす九品仏にあうことができてとても清々しい気持ちになりました。

スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment