fc2ブログ

Take a look at this

2022.10月 寸又峡から南房総へ (3) 翠紅苑

今晩の宿は寸又峡温泉の入り口にある翠紅苑さんです。

千頭駅から寸又峡までの道も曲がりくねった山道で、対向車が来ないか気を付けながらの運転でした(オットが)。

そんな山道の向こうにある温泉郷なので、さぞかしひなびているだろうと思ったものの、意外に民家もあって。

IMG20221026092704_R.jpg
(翌朝撮影)

IMG20221025142758_R.jpg

IMG20221026092631_R.jpg

玄関は季節ごとに趣を変えるそうですよ。

IMG20221025142832_R.jpg

皆さん、全国旅行支援を利用されているようで、チェックインに時間がかかっています。

IMG20221025142936_R.jpg

静岡県では、クーポンはアプリをインストールしてQRコードを読み取って利用します。

1円単位で使えるので、それはそれで便利。

ロビーのあたりはなんというか、「大正浪漫漂う」と謳われているだけあって、シックな佇まいですが、宿泊棟は3棟の違った雰囲気の建物が渡り廊下でつながっているので、全体的には何とも不思議な雰囲気です。(和風庭園あり)

例によって一番お安いお部屋を選んだので、本館からはこんな通路を通ってお部屋へ。

(多分)竹翠館の突き当りに大浴場があります。

IMG20221025154436_R.jpg

私達の部屋がある紅葉館はさらに先へ

IMG20221025154402_R.jpg

2階です(エレベータはありません)

DSC03435_R.jpg

中華と洋風がまざったようなフシギな雰囲気(でも、天井などはひび割れて年季が入ってます)

DSC03433_R.jpg

2階だけど325号室

DSC03432_R.jpg

DSC03416_R.jpg

お邪魔しますです

DSC03417_R.jpg

玄関入って右側には館内用の草履サンダル、左側のクローゼット内には浴衣とタオル、アメニティ類

寸又峡宿1

クローゼットの隣の冷蔵庫の上にはお茶セットとお菓子

寸又峡宿2

ベッドルームとの間はこんなクラシックな扉で仕切ることができます。

DSC03429_R.jpg

DSC03418_R.jpg

お部屋は充分な広さがありますが、多分洋室は紅葉館しかないのだと思います。

ソファもあります。

DSC03419_R.jpg

DSC03420_R.jpg

DSC03421_R.jpg

デスクの上にはテレビ

DSC03422_R.jpg

下には頑丈そうな(笑)金庫

DSC03423_R.jpg

一応ユニットバスもあります。

DSC03424_R.jpg

DSC03425_R.jpg

それでは温泉へ
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment