fc2ブログ

Take a look at this

2022.11月 大阪湾りんくう花火と京都・滋賀 (12) そうだ、建仁寺へ行こう

「そうだ、京都行こう」のCMでお馴染みの建仁寺ですが、祇園の真ん中にあるのにちゃんと見学(拝観)したことがありません。

京都へは何度も来ているので行った気になっていましたが、天気も良いしこれは良い機会です。

バスを降りてGoogle先生のお導きに従って進んでいくと「松原橋」に出ました。

IMG20221107124549_R.jpg

そばに立つ説明板によれば、平安時代にはこの橋が五条の橋だったそうです。

IMG20221107124650_R.jpg

つまり、牛若丸と弁慶が戦ったとされる「京の五条の橋の上~♪」はこの松原橋の上だったということですね。

そこから祇園の裏通りを進んでいきます。

IMG20221107125148_R.jpg

三味線や琴の音が聞こえてきそうな路地

IMG20221107125231_R.jpg

Google先生に「到着!」と高らかに告げられたここは「どこ?」

IMG20221107125813_R.jpg

明らかに建仁寺とは違うこのお寺は、建仁寺の塔頭のひとつ「禅居庵」というお寺でした。

いたるところにいのしし君がいます。

IMG20221107125958_R.jpg

摩利支天が秘仏として祀られているのですが、摩利支天は仏法を護る善神として禅宗では大切にされており、七頭の猪の上に座しておられるそのお姿から境内には多くの狛亥が祀られているとのこと。

ここにも

IMG20221107130020_R.jpg

「禅居庵」から中を通り抜けて建仁寺へ行くことができるみたいです。

IMG20221107130122_R.jpg

IMG20221107130129_R.jpg

IMG20221107130226_R.jpg

「禅居庵」を出ると、左側に「三門」が見えてきました。

「大正十二年、静岡県浜名郡雄踏町山崎の安寧寺から移建したものである。空門・無相門・無作門の三解脱門」(公式サイトより)

IMG20221107130342_R.jpg

位置関係は下の地図(公式サイトよりお借りしたもの)をご覧くださいね。

建仁寺地図

正面の本坊で拝観の受付をします。拝観料¥600@1人

IMG20221107130845_R.jpg

中に入ってまず目を惹くのはこちらの屏風。

国宝「風神雷神図屏風」を忠実に再現した高精細複製品だそうです。

IMG20221107131229_R.jpg

上の屏風にインスパイアされた?作品

IMG20221107131318_R.jpg

IMG20221107131325_R.jpg

まずショップの横から奥の大書院へ向かいます。

IMG20221107131354_R.jpg

左手には方丈があり、座ってお庭を眺める人たちも

IMG20221107131519_R.jpg

IMG20221107131600_R.jpg

小書院

建仁寺

さらに奥へと進んでいきましょう。

スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment