fc2ブログ

Take a look at this

2023.2月 3年ぶりの海外はバンコク&台北へ (17) 「暁の寺」ワットアルン

メイクミーマンゴーから「ターティアン船着場」までは、市場の中を通っていきます。

IMG20230217151428_R.jpg

IMG20230217151508_R.jpg

船着き場前の広場にはお土産物屋さんがたくさん

IMG20230217151729_R.jpg

対岸のワットアルンまでは船賃10B@1人です。

↓が船着き場

IMG20230217152156_R.jpg

船に乗り込みます。

IMG20230217152322_R.jpg

皆さん、ワットアルンの撮影に忙しい(ワタシも)

IMG20230217152341_R.jpg

船着き場にはこんなカフェ?レストランもあって、夕暮れ時やライトアップされたワットアルンを眺めるには最高の場所ですね。

IMG20230217152503_R.jpg

対岸で船を下りるとすぐにワットアルンの入り口があり、拝観料100B@1人(ペットボトルのお水ももらえます)を払って早速中へ。

IMG20230217153456_R.jpg

↑は本堂への入り口で、両脇には大きな鬼の門番が守っています。鬼の高さは2mもあるのだそうです。

この像はスワンナプーム空港にもいたのと同じかしら?

ワットポーではあまり見かけなかったタイの民族衣装を着た方たち、ワットアルンではとてもたくさんおられました。

多分地元の方と外国人旅行者と両方ですね。

IMG20230217153531_R.jpg

日本でも浅草や京都などで、着物を来た若い女性たちをたくさん見かけるようになりましたが、これって世界的な流行だったのかしら?

でも欧米ではどうなんでしょうね?

タイの民族衣装はエキゾチックでとてもロマンチックですから、着たくなるのも無理はありませんね。

私も若かったら・・・ヲイヲイ

DSC03704_R.jpg

壁の模様もとっても可愛らしくて、そこでも撮影隊が・・

DSC03709_R.jpg

IMG20230217153854_R.jpg

本堂の中はふんだんに壁の装飾が施されており

IMG20230217154004_R.jpg

ワットアルン

こちらがご本尊様でしょうか

IMG20230217153935_R.jpg

外に出るとまたまた撮影隊

IMG20230217154401_R.jpg

さて、ワットアルンといえば、この高くそびえる色とりどりの仏塔が有名。

IMG20230217154611_R.jpg

IMG20230217154835_R.jpg

IMG20230217155219_R.jpg

IMG20230217155437_R.jpg

DSC03712_R.jpg

大仏塔の高さは75m、台座の周りは234mもあるそうです。

ヒンドゥー教の聖地カイサーラ山をイメージして造られたものだそうで、ヒンズー色が濃いのが特徴だとか。

IMG20230217155705_R.jpg

ここも記念撮影をする人でいっぱいです。

IMG20230217155828_R.jpg

人の多さと階段の勾配がキツイので、これ以上のぼるのをあきらめてそろそろ帰りましょうか。

帰りはフェリーでサパーンタクシンに向かいます(20B@1人)。

サパーンタクシンからはBTSでプルンチット駅まで。


スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment