fc2ブログ

Take a look at this

それパク?

4月から日本テレビ系で放送されているドラマ「それってパクリじゃないですか」。

普段、私はテレビドラマをほとんど見ません。

あ、朝ドラと大河ドラマは見ているか

テレビで見るのはバラエティとか旅番組などがほとんどです。

ましてやユーチューブやアマプラとか、全然見ません。

それなのに視聴率が低迷していると言われている「それパク」を見たのは、びっくりしたから。

トレンディ俳優(これも死語?)が出演する時間帯のドラマなのに、テーマが「知財」ってどうよ

なんでこんな地味なテーマを取り上げたんだろう?と思ったら原作があるのですね。

その原作もいわゆる流行りの「お仕事小説」のようなので(読んでいないのでスミマセン)、結構人気があるのでしょうね。

だからドラマ化したんだと思うけど。

でも、地味すぎて一般の人には受けないと思うな~(個人的感想です)。

「知財」ってとても大切なんですけど、知っている人は少ない。

企業の中でも「知財部」がある会社は多くありません。

もちろん大企業は別ですが、中小企業などでは優先順位が低い部署なのです。

「ものづくり」をしている企業にとって大切な「知財」ではありますが、残念ながらそこに予算を割ける企業は多くありません。

さて、ドラマの中では知財について説明する場面が多く見られます。

その説明自体は(内容を理解するためには)必要なんだけど、トキメクものではありません(笑)

先日のドラマでは新開発の商品の特許出願(この言葉だってフツーの人は使わないよね)の話で、出願前に学会発表したらダメという話でしたが、例外規定についてもちょっとだけ触れていて、さすがに専門家監修だなとは思いましたが。

特許権を取るのに必要な「新規性」(今まで誰もやったことがない)が学会発表で失われてしまうからなんですが、これにも方法がなくはない。

それとあえて特許を取らないという場合もある。

そのことも説明されていましたが、「営業秘密」いわゆる「ノウハウ」というヤツね。

有名なのはコカ・コーラ。ドラマではケンタッキーで説明していたけど。

特許は権利化できれば一定期間(一般的には出願から20年)独占できますが、それを過ぎると誰でも使えるようになります。

そしてすべての特許出願は、出願後1年6か月たつと権利化できるかできないかにかかわらず、内容が公開されます。

だから(ドラマでも言っていたように)それを見た他社が改良出願する可能性も大いにあります。

それを逆手にとって、権利化の意図がなくてもとりあえず出願だけしておけばその技術は公になるので、あとから(他人が)同じものは出せないので、防衛的に出願する場合もあります。

だって、特許化するのはかなり費用がかかるものだから。

費用対効果を考えて出願の可否を検討するのは大いにあることです。

だから事前の調査はとても大事。

ヒロインも一生懸命調査してましたよね。

フツーは専門分野ごとに調査員がいて、その技術分野に詳しい人が調査するんだけどね。

でも、未公開(出願後1年半未満のもの)の特許出願はだれにも調査できないから、これも一種の賭けのような物かしら。

なんて、つまらぬことを書いてしまいました、スミマセン。

「知財」がテーマのドラマ、多分次はないと思われるので、どうか頑張ってほしいと思います。

人材の限られた分野だから、多くの人が興味を持てばそれだけすそ野が広がりますものね。


お口直しに、早くも花を咲かせた我が家のハイビスカスの写真でも

IMG20230522070103.jpg

ついでにクジャクサボテンの見事な大輪の花と

IMG20230512072916.jpg

シャクナゲの清楚な白い花

IMG20230509071226.jpg

また明日~




スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment