fc2ブログ

Take a look at this

水ようかんを作ってみた

オットのふるさと福井の名物といえば「水ようかん」。

私も大好きなのですが、冬しか買えないのです。

普通は「水ようかん」といえば、夏の食べ物というイメージがありますが、福井では違います。

「水ようかん」は冬に炬燵に入りながら食べるもの、だそうで、だいたい11月~3月くらいまでしか作られないようです。

もちろん、今は日持ちのするタイプのものが都内のアンテナショップでも買えたりするようですが、オット実家ごひいきのお菓子屋さんのものは冬しか買えません。

そこで、ワタシも水ようかんを作ってみることにしました。

そういえば、ワタシの子供時代はまだまだ今のように物がなかった時代なので、おやつといえば母親の手作りがほとんど。

お菓子を買って食べるなんてほとんど記憶にありません。

母親が時々水ようかんを作っていたのを思い出しました。

母親の実家では、お正月に行くとお節料理のひとつとして水ようかんが入っていたのです。

それもいろいろな色の水ようかんがあったと思います。


さて、イオンでこしあんと粉寒天を買ってきて、家にあった黒砂糖も準備して。

IMG20230707093218_R.jpg

今は便利なことにネットで調べればたちどころにレシピが出てきます。

その中から適当に選んだレシピを参考に、まずは粉寒天をよ~く溶かします。粉寒天=小さじ1杯 水450ml

IMG20230707094911_R.jpg

寒天がとけたら、今度は黒砂糖を加えてさらに煮溶かします。 黒砂糖 80g

IMG20230707095302_R.jpg

本当は塊ではなく粉状の黒砂糖のほうが便利だと思います。

黒砂糖がとけたら、あんこを入れてさらによく溶かします。こしあん200g

IMG20230707100256_R.jpg

あんこもとけたら、粗熱をとり、バットに流しいれ、その後は冷蔵庫で冷やして

IMG20230707102658_R.jpg

完成

IMG20230707140535_R.jpg

いつもいただく福井の水ようかんとは味が違いますが、それなりにできました。

次は今回の経験をもとに(大袈裟)、水の量を増やし、黒砂糖をもう少し効かせた味にしたいわ。

スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment