fc2ブログ

Take a look at this

2023.3月 ベトナム・ソウル (39) 統一会堂

お昼近くなってようやくお出かけ。

ホテルからは公園の中の道を歩いて向かいます。

IMG20230315115453_R.jpg

なかなか入り口にたどりつかず、ようやく到着。

DSC04097_R.jpg

敷地の外周をぐるりと歩きました。

DSC04096_R.jpg

入口でチケットを購入。65000vtd@1名

DSC04098_R.jpg

統一会堂は、南ベトナム政権時代に独立宮殿とよばれた旧大統領官邸です。
1975年4月に、南ベトナム解放軍の戦車がフェンスを乗り越え、統一会堂に突入したことにより、ベトナム戦争は終結を迎えました。
現在は一般公開されており、内閣会議室・応接室・宴会室などの豪華絢爛な部屋から、極秘軍事基地として使われた司令官室・暗号解読室・通信室まで、大小100以上の部屋を見学することができます。(HISサイトより)

正面入って1階には内閣会議室、宴会室、応接室が並びます。

DSC04100_R.jpg

DSC04101_R.jpg

DSC04102_R.jpg

DSC04099_R.jpg

3階は大統領のプライベートスペースとして使われており、当時の贅沢な暮らしぶりを垣間見ることができます。

DSC04109_R.jpg

DSC04108_R.jpg

宴会室や図書室、娯楽室・ビリヤード台、そして映画館まであり、当時の華やかな貴族達の社交場としての生活が伺われます。

DSC04111_R.jpg

DSC04110_R.jpg

屋上には南ベトナムからの緊急時の脱出用に使われたヘリポートがあります。

DSC04103_R.jpg

また1階にはこういった乗用車も展示されていましたが、これも大統領専用車かしら?

DSC04105_R.jpg

DSC04104_R.jpg

地下は迷路のようになっています。

爆撃の被害を避けるために、統一会堂の地下は軍事機密室として極秘使用されていました。
重要な軍事指令が決定された大統領指令室や、敵の暗号を傍受した暗号解読室、アメリカと連絡をとりあっていた通信室などが当時の姿のまま残されています(HISサイトより)

DSC04115_R.jpg

地下にも泊まれるようにこのような部屋がいくつかありました。

DSC04117_R.jpg

DSC04116_R.jpg

1975年4月30日、解放軍の戦車がフェンスを突き破り大統領官邸に突入することで、南ベトナムは陥落しました。

「サイゴン陥落」と呼ばれるその日はベトナム戦争終結の日であり、一つの国家が終焉を迎えると共に、ベトナムが新しい歴史を一歩踏み出した瞬間です。

敷地内には、実際に当時フェンスを乗り越えた戦車が展示されています。

DSC04118_R.jpg

それでは次の目的地、聖マリア教会に向かいましょう。

統一会堂からは徒歩5分ほど。

あらま、絶賛工事中です

DSC04119_R.jpg

当然中も見学できないので、せめて正面から聖マリア像だけでも写真に収めましょう。

DSC04120_R.jpg

聖マリア教会の正面から伸びている道

DSC04122_R.jpg

そして、聖マリア教会のすぐ横に立っているのがもう一つの有名観光スポット、「中央郵便局」です。

DSC04121_R.jpg

スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment