fc2ブログ

Take a look at this

2023.5月 台北女子旅プラス1 (4) 迪化街散歩

10時過ぎにホテルを出発。

まずは歩いてMRT中山駅へ向かいます。

ここで友人がシニア用の「悠遊卡」を購入。

「悠遊卡(カード)」(EASY CARD)はスイカやPASMOのような台湾の交通系ICカードで、地下鉄やバスなどの公共交通機関を利用する場合にはとても便利なものです。

使い方は地下鉄の改札を入るときと出るときにタッチするだけ。日本と同じですね。

バスも同様に乗車時と下車時の2回タッチします。

以前はMRT(地下鉄)の運賃が20%引きになるというお得な割引制度がありましたが、現在は廃止されています。

新しい優待制度については台北メトロ公式サイトをご参照ください。

短期の旅行者にはあまりメリットが享受できないかな、という印象です。

さて、「悠遊卡」にはいくつか種類があって、その中で旅行者が利用できるものは「普通カード」「子供用カード」「シニア用カード」の3種類。

シニア用カードは65歳以上が対象となるので、購入時はパスポートなどの年齢証明が必要です。
(見せて、と言われることはあまりないような気がする・・・それもフクザツ)

シニア用カードの一番のメリットはバスの運賃が半額になること。

通常市バスは一律15元のところ、半額の8元で乗車できます。

※ただし、距離制運賃の場合は要確認

また、以前オットのシニア用カードをMRTの自動販売機で買った記憶があるので(コロナ前)、駅によっては自動販売機で購入できるのかもしれません。

今回、友人は窓口で購入しました。

なお、カード自体の代金が100元必要で、カードを購入しただけでは使えません。

100元払って購入したうえでさらに一定金額をチャージすることで使えるようになります。

我が家は何度も台湾に行くので、ずっとチャージしつつ保有していますが、もう行かないよという場合には払い戻しが可能です。

その場合は払戻手数料が20元(台湾ドル)かかります。

なので、コンビニやスーパーなどで使うのも一つの方法ですね。



「悠遊卡(カード)」を無事に購入したあとは、中山駅前からバスで迪化街へ向かいます。

最初に友人希望の「カラスミ」を買いに永久号さんへ。

こちらのカラスミは塩気があまり強くなくて美味しいのです。

その後、すぐそばにある永楽市場を見学します。

IMG20230526114240_R.jpg

これは市場1階にある「林合発油飯店」で大人気のおこわを買い求める人たちです。

IMG20230526110638_R.jpg

朝から皆さん大行列。台北で一番人気のある油飯屋さんです。

「油飯」は我が家(特にオット)の大好物で、それを買いに台湾にきているといっても過言ではないほど(笑)

「油飯」は台湾版おこわのことで、台湾の方にもとても人気があるようです。

いろいろなお店の油飯があるので、好みの味の油飯を見つけるのも楽しいかも!

ちなみに我が家のナンバーワンは松江市場の油飯です。

永楽市場の2~3階は布市場になっています。

IMG20230526111209_R.jpg

たくさんの布や布小物を扱うお店が並んでいるので、手芸好きな方にはたまらないところですね

台湾花布も豊富にありますよ。

友人もここで端切れをお買い上げ。

以前は台湾花布柄のビニールバッグやポーチを買った記憶がありますが、円安の現在、お値段も決して安くはないので食指が動かず。

永楽市場の向い側にはカワイイ郵便局もあります。

IMG20230526114357_R.jpg

IMG20230526114411_R.jpg

そのお隣には「大稻埕ビジターセンター」があります。

1階が案内所、2階と3階が1920~30年代の漢方薬局、小学校、喫茶店やランタンのセットが用意されたフォトスポットになっています。

サービスセンターでは、チャイナドレスなどの衣装レンタルサービスもあり、趣向を凝らした施設内で撮影することも可能のようですよ。

さすがに衣装のレンタルはしませんでしたが、施設内を見学がてら涼むことにしました。

1階の壁にある歴史的建築物の地図と説明板

IMG20230526114521_R.jpg

昔の漢方薬局を再現した部屋

IMG20230526115057_R.jpg

IMG20230526115028_R.jpg

一番の「映え」ルーム ランタンの部屋

IMG20230526115318_R.jpg

IMG20230526115330_R.jpg

IMG20230526115335_R.jpg

小学校の教室を再現した部屋

IMG20230526115409_R.jpg

一休み後はランチタイムです。

これまた永楽市場の前にある「金仙魚丸」さんでいただくことにしました。

IMG20230526122230_R.jpg

IMG20230526121206_R.jpg

IMG20230526121210_R.jpg

ルーローハンと

IMG20230526121034_R.jpg

スープも

IMG20230526121157_R.jpg

このお店もガイドブックに掲載されている有名店でお客さんも多いですが、暑かったせいか、あまり空腹ではなかったせいか、そこまで感動はしなかったような・・・スミマセン。

ランチ後は迪化街を北上していきます。

こちらは霞海城隍廟。

IMG20230526122615_R.jpg

安置されている月下老人は、きちんとお参りすれば「恋が成就する」と言われ、ご利益満点だそうで、いつも若い女性の参拝客でにぎわっているのですが、さすがにこの日は暑さのせいか空いていました。

民生西路との四つ角に美味しい肉まんの屋台があります。

↓の地図のブルーの丸で囲んだあたりです。

迪化街地図
(台北ナビからお借りしました)

IMG20230526123806_R.jpg

IMG20230526123813_R.jpg

IMG20230526123826_R.jpg

早速1個買って味見をする友人

1685841263609.jpg

ここはなかなかオススメのお店です。

さらに北上しつつ、いつもの「元信」さんでドライフルーツやナッツをお買い上げ。

IMG20230526130532.jpg

20世紀初頭の日本統治時代は、台湾全土から乾物、漢方薬、お茶、布などを扱う商店が集結し、台湾の主要な商業エリアとなりました。

その名残を残す美しいバロック建築の建物が並ぶ通りは、現在は盛んにリノベーションされて素敵なカフェや雑貨屋さんなどが軒を連ねており、台北に来るたびに足を運びたくなります。

IMG20230526130628.jpg

ガイドブックにも必ず掲載されている「高建桶店」ですが、少し先に同じようなお店がもう1軒あります。

ここもお土産を買い求める旅行者で賑わっていました。

そろそろカフェタイムにしましょうか。

スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment