fc2ブログ

Take a look at this

2023.8月 ソロたび富山 (9) 富岩水上ラインで岩瀬へ

再び富岩運河環水公園へ戻ってきました。

IMG20230826093532_R.jpg

↑の写真に写っている橋は「天門橋」といってこの公園のシンボル的存在です。

両側のタワーには展望塔があり、エレベータで上がることができます。

天門橋のたもとにある「泉と滝の広場」

IMG20230826094216_R.jpg

橋を渡ってみましょう。

IMG20230826094243_R.jpg

橋の上からは「世界一美しい」と言われたスタバが見下ろせます。

IMG20230826094351_R.jpg

IMG20230826094401_R.jpg

そろそろ乗船時間が近づいてきたので、乗り場へGO!

IMG20230826091951_R.jpg

これから乗るAコースは公園を出発後、中島閘門を経て岩瀬カナル会館まで行く60分のクルーズです。

fugancruise.jpg
公式サイトより)

逆コースは上りになるので70分かかるそうですよ。

また途中の中島閘門でおりて、作業室の見学をするコースもあります。

船ではベテランガイドさんが運河の歴史やまわりの建物について説明をしてくれます。

この説明がなかなか面白くて楽しめました。

IMG20230826103138_R.jpg

途中の中島閘門では水位の上げ下げを体験できます。

IMG20230826102520_R.jpg

水門の中に舟が入ると後ろの門が閉まります。

IMG20230826102555_R.jpg

門が完全に閉まった状態

IMG20230826102618_R.jpg

両方の門に挟まれた状態ですが、中の水位が段々下がり始めます。

IMG20230826102657_R.jpg

完全に水位が下がりきると、進行方向の門が開いて船が進むことができるのです。

IMG20230826103119_R.jpg

イギリスのナローボートでもよくこういうシーンを見ますが、一度ナローボートで旅をしてみたいね、といつも言ってます。

景色を見たりガイドさんの説明を聞いているうちに、富山湾に面した岩瀬に到着しました。

IMG20230826110758_R.jpg

ここでまた折り返すこともできますが、私は岩瀬の町を散策し、市電で富山へ戻るつもりです。

スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment