fc2ブログ

Take a look at this

タイトルに年齢

先ごろ新聞の記事で、タイトルに年齢が入っている本が多くなってきたというのを見ました。

気にも留めていなかったけれど、そういえばそうだ、と。

本のジャンルとしてはファッションやライフスタイル関連の本に多く見られます。

私も小説が大好きですが、ライフスタイル関連にもとても興味があるので好んで図書館から借りてきたりします。

若いときはインテリアに興味があり、なんとか自分の部屋(家)をそれらしく整えるのに夢中になった時期もありましたが、現在はインテリアというよりは「断捨離」Ⓡ一本やり(笑)。

他人様のライフスタイルを拝見して、参考にするというよりは「へ~、ふ~ん、そうなんですね」と感心したり、楽しませてもらっています。

図書館で借りてきたそんな本のご紹介

book.jpg

「87歳、古い団地で愉しむひとりの暮らし」は、どなたかのブログで拝見し、たまたま図書館の書架にあったので借りてきました。

87歳の多良美智子さんは、築55年の古い団地でひとりで暮らしています。

夫は7年前に亡くなり3人の子どもはそれぞれ家族を持って独立していますが、自分で居心地よく整えたこの部屋で最後まで過ごすのが希望。

古い団地なのでエレベータがなく、毎日の階段ののぼりおりが運動の代わりだそう。

興味を持ったこと(もの)には積極的に参加していく。

自分を楽しませることがとても上手な美智子さんですが、団地はともかくこういう気持ちの持ち方は大切だなぁと思います。

そして「65歳から心ゆたかに暮らすために大切なこと」は以前もご紹介したショコラさんの著書です。

年齢も近く、日々の何気ない出来事がつづられるブログの愛読者でもあります。

そして、年齢本ではありませんが、これまた私の好きな作家である「大崎梢」さんの本。

IMG20231103121631_R.jpg

図書館が舞台で、主人公は学校司書の駒子。

彼女が遭遇する本にまつわるミステリーの数々は、やはり読んだ後にとても心が温かくなります。

ミステリーが好き、本が好きの両方が満たされる素敵な本です。


さて、11月も今日で終わり。

異常に夏が長かった今年、我が家の庭では2~3日前までハイビスカスやブーゲンビリアが咲いていました。

IMG20231125104834_R.jpg

IMG20231128110409_R.jpg

IMG20231128110420_R.jpg

あっという間の1年。来年はもっと早く過ぎてしまうのだろうなぁ。

今年はようやく自由に海外にも行けるようになり、早速出かけてきたけれど、今度はこちらの年齢も上がり、いつまで自分たちで海外に行けるか時間との勝負にもなりそうです。

とりあえず12月は国内で温泉かしら。

スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment