fc2ブログ

Take a look at this

2024.1月 MSCベリッシマで行く沖縄・台湾クルーズ (1) 大黒ふ頭~ベリッシマ乗船

今日から今年(2024/1/7~13)の旅行記を始めさせていただきます。

去年2回も行ったダイヤモンドプリンセスクルーズですが、乗り合わせた方たちのお話を聞いてどうしても乗ってみたくなったMSCベリッシマ。

オールインクルーシブのジャ〇ネットさんのツアーは高くて手が出ませんが、通常のJTBツアーに申し込んでみました。

ツアーと言っても、つまりは個人旅行と変わらず基本的に船会社に直接申し込むかわりにJTBを通して代金の支払いをするにすぎません。

乗船してみれば、他の旅行会社(近ツリとかトラピックスとかHISとか)船内にツアーデスクをもうけて情報発信したり、スタッフがいろいろと相談に乗ったりしていましたが、JTBはそういうデスクの設置すらありませんでした。

なので、ひたすら自分たちで情報収集し、動いたのであとから気が付くことも多々ありました。

そんな私達の乗船記ですが、(いつもながら「食べた」ことばかりで)あまり参考にはなりませんが、お立ち寄りいただけたら幸いです。

ベリッシマは大きすぎてベイブリッジがくぐれないので大桟橋に着岸できないというのは有名なハナシですが、ベリッシマが着岸している大黒ふ頭というのが不便な場所というのも有名なハナシ。

救済策として(その都度変わるみたいですが)、大桟橋から大黒ふ頭へ無料シャトルが出ているとのことで、まずは大桟橋へ。

2024/1/7(日)

ダイヤモンドプリンセスでもおなじみの大桟橋ホールにやってきました。

IMG20240107144356_R.jpg

チェックインは大黒ふ頭で行いますが、この長蛇の列は荷物を預けるためのもの。

今回、私達は海側バルコニー(中央部分)の部屋を選択しましたが、さらに「アウレア」というサービスをプラスしていました。

クルーズの料金は部屋の違いによるものが一番大きいと思いますが、そのほかにMSCクルーズではサービス内容を3つのカテゴリーに分けています。

料金が安くカジュアルなものから順に「ベッラ」→「ファンタスティカ」→「アウレア」となります。

こう書いていても実は私自身もよく理解できていないのですが、部屋のカテゴリープラスサービスの種類によって価格が変わってくるようです。

MSCクルーズで一番上位のクラスはヨットクラブで、こちらはサービスから食事、部屋もすべて最上級のクラスです。

けれど、「アウレア」だとその次にプライオリティがあるらしく、「アウレア」の一言で長蛇の列に並ぶ必要がなく、どこでも待つことがありませんでした。

あっという間に荷物を預け、案内されて大黒ふ頭往きのバス乗り場へ。

IMG20240107145109_R.jpg

バスを下りるのもアウレアが優先されます。

その後もスムーズにチェックインが進み、あっという間に船へ。

やっぱり、想像はしていたけど大きい!

IMG20240107152631_R.jpg

IMG20240107152708_R.jpg

一応船をバックに記念撮影

IMG20240107152744_R.jpg

IMG20240107152855_R.jpg

船が大きくて全体はとても写真に収められません。

乗船口はクルーの出入り口から。

IMG20240107152941_R.jpg

ダイヤモンドプリンセスだとほとんど見ることがないクルーの生活空間を通ります。

IMG20240107153131_R.jpg

ベリッシマと言えば、の有名な場所に出てきました。

お出迎えもいるよ!

IMG20240107153322_R.jpg

おお~!これが有名なプロムナードですな。

IMG20240107153514_R.jpg

80メートルもの長さを持つ巨大なLEDスクリーンで覆われた天井は刻々とその姿を変えていき、見る者の目を釘付けにしてしまいます。

IMG20240107153544_R.jpg

そのプロムナードの先にあるのが、これまたベリッシマの代名詞ともいえるスワロフスキーの階段。

うわ~、キラキラ光ってる

IMG20240107154003_R.jpg

IMG20240107172126_R.jpg

チェックイン直後なので、ここで記念撮影をする人はまだほとんどいません。

IMG20240107154048_R.jpg

IMG20240107172230_R.jpg

この大勢の人たちは、クルーズカードに支払いのためのクレジットカード等を紐づける作業をしています。

IMG20240107153709_R.jpg

そうそう、ベリッシマではいまだにこういうクルーズカードです。

IMG20240303155329.jpg

ベリッシマのクルーズ経験がある友人から聞いていたので、首から下げられるようになっているカードケースを持参しました。
(JTBはカードケースもありませんでした。安いから仕方ないか・・)

皆さん、旅行社が準備したケースに入れているので、どの旅行社か一目瞭然です。

まだ入れないと思うけど、お部屋の場所を確認しに行ってみましょう。

エレベータで13階まで行き、お部屋を探します。

IMG20240107154521_R.jpg

船が巨大なので、ホントに迷子になりそう。

私たちのお部屋は左舷側の「13179」号室。

IMG20240107154607_R.jpg

やはりまだ入れません。(ドアの前のスーツケースはお隣の部屋のもの)

お腹も空いたし、15階のマーケットプレイスで何か食べるものがあるか見に行ってみましょう。

スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  4

Comment 4

Tue
2024.03.05

しょこたん  

おはようございます。
私達のクルーズデビューはMSCのアドリア海&エーゲ海クルーズでした(トルコ在住時)。その頃はヨットクラブはもちろん、その他のクラス分けもなく、寄港地で下船する際はいつも長蛇の列だし、ビュッフェの朝食なんてマジに学食みたいで、それ以来MSCには乗っていませんが、今はだいぶサービスも向上したようですね。

あと、大型船はシアターひとつとっても設備が充実していていいですよね。

今後の旅行記を楽しみにしています♪

2024/03/05 (Tue) 08:40 | EDIT | REPLY |   
Tue
2024.03.05

R@那覇  

超大型船のクルーズには未練があるのですが、如何せんバスと船には弱い上に、5年前に発症したパニック障害(バスに乗る前から想像するだけで吐き気が来る..これ書きながら来ています<苦笑>)もあるので、現状無理かなと思っています。
そうは言っても、バスも必要最小限で乗りますから、当たって砕けろかな。これなら家内も参加するでしょうし。
その決断が出来るような内容に期待して、続編を楽しみにしています。

2024/03/05 (Tue) 09:37 | EDIT | REPLY |   
Tue
2024.03.05

ちーず  

Re: タイトルなし

しょこたん様

おはようございます!
初めてのMSCクルーズでしたが、良かった点、プリンセスクルーズのほうが良いと思った点などいろいろありました。

私たちのクルーズ経験はディズニークルーズとプリンセスクルーズしかないので、どうしてもダイヤモンドプリンセスとの比較になりがちです。
特に10年以上日本周遊クルーズを続けているダイヤモンドプリンセスは、良くも悪くも日本人対応がこなれています。
それと比較してMSCは日本人向けサービスは今ヒトツかな、と思ったりもしますが、日本以外ではこれが普通の対応なのだと思います。

新しい船で施設も充実していますし、子供向けのサービスもたくさんあり、家族連れには良い船だと思います。

特に食事の面では、圧倒的にこちらのほうが美味しい!
ダイヤモンドプリンセスの食事が良くないわけではありませんが、やはりイタリア船、味も良いですし何より量が適量で最後まで完食できるのが嬉しいです。(あ、私は大食だからかも!)
和食の品ぞろえも充実していました。

ただ、基本的にはプリンセスクルーズよりも価格がお手頃な分、有料のサービスが多いと感じました。

なんて、長々とスミマセン。
旅行記の中でまた触れていきたいと思いますので、お付き合いいただけると幸いです。

2024/03/05 (Tue) 09:37 | EDIT | REPLY |   
Tue
2024.03.05

ちーず  

Re: タイトルなし

R様

今は那覇にいらっしゃるのですね。
ベリッシマはしばらく那覇を起点にクルーズをしているようですから、「那覇港第2クルーズバース」に停泊している姿が見られるかもしれませんね。

クルーズの船室はスイートにでもしない限り、ホテルの部屋よりは狭いと思うのでパブリックスペースを活用すればホテルに滞在するのとあまり変わらないと思うのですが、いかがでしょうか。
また、女性にとって3食上げ膳据え膳の旅行は何よりうれしいものですが、リゾートホテルでノンビリがお好きな方には向いていると思います。
もちろん、船旅は好き好き(向き不向き)がありますので何とも言えませんが。

R様のご期待に沿う旅行記になる自信は全くないですが(´;ω;`)、お付き合いいただけると嬉しいです。

2024/03/05 (Tue) 09:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment