fc2ブログ

Take a look at this

SFC修行第五弾 沖縄⇔シンガポール ユニバーサルスタジオシンガポール

2018/5/28(月)

お天気は曇りです。昨日は途中小雨がぱらついたものの、薄曇りという絶好の行楽日和だったので、今日も同じような感じだといいなぁ。

さて、今日は今回の第一目的である(ん?第一目的は修行でしょ)ユニバーサルスタジオに行きます。

混雑を予想して週末を避け、月曜日に行くことにしました。

ユニバーサルスタジオシンガポールは随分前に一度行ったことがあります。

大阪に比べると面積も狭く、アトラクションの数も少なく、あまり混んでいたという印象はなかったのですが、今回はどうでしょう。

それでも開園前に着けるようにホテルを9時少し前に出発。

MRTのハーバーフロント駅からセントーサエクスプレスに乗り換えます。

と、ここでセントーサエクスプレスに乗ろうとしたらez-linkカードの残額が足りず、MRTの駅までチャージしに戻ることに。

再びセントーサエクスプレスの改札まで戻ると結構な数の人が並んでいるではありませんか。

今日は平日で学校もあるんじゃなかったの??子供もたくさんいます。

ようやくUSS最寄り駅のウォーターフロント駅に到着。

チケット売り場に急ぎます。

USSのチケットを安く手に入れる方法はいくつかあるのですが、USSにはシニア料金があり、60歳以上はナント半額になるのです。

ですので、私たち、パスポート持参で行きましたよ。二人でS$76(通常の大人一人分)

年がバレバレですね

では、いざ突入

IMG_2115_R.jpg

どのアトラクションから攻めようか。トランスフォーマーは?う~ん、待ち時間がすでに70分です。次に行こう

IMG_2118_R.jpg

ここはディズニーじゃないよね

IMG_2123_R.jpg

バトルスター・ギャラクティカ(サイロン&ヒューマン)はジェットコースターで、足ぶらぶら型の「サイロン」と普通タイプの「ヒューロン」が同時にスタートし、途中で交差するという若者に大人気のアトラクションですが、当然私たちはパス

リベンジ・オブ・ザ・マミーはなぜかやっていません。

雨も降ってきたし仕方がないので、並ぶ時間が少なくて入れそうなアトラクションを探して入ることにします。

これは何だっただろう??

IMG_2124_R.jpg

IMG_2125_R.jpg

IMG_2126_R.jpg

雨が結構降ってきたのであまり写真も撮らなかったようです。

それでもいくつかのアトラクションに乗り、ウォーターワールドを観賞することにしました。

IMG_2127_R.jpg

IMG_2129_R.jpg

これは日本でもアメリカでもあるアトラクションで、内容もまったく同じです。

IMG_2131_R.jpg

最後の飛行機が飛びこんでくるシーン、撮影に失敗

IMG_2132_R.jpg

その後、やっと各アトラクションの待ち時間も落ち着いてきたので、ジュラシックパークアドベンチャーで足がびしょぬれになったり、トランスフォーマーに再チャレンジしたりしながら、いったんUSSを出てランチをとることに。

ユニバーサルスタジオといえば、のお馴染みの地球儀

IMG_2144_R.jpg

ランチに向かうのは鼎泰豊。USSを出て真正面にあります。

IMG_2145_R.jpg

IMG_2146_R.jpg

食べたものあれこれ

IMG_2147_R.jpg

IMG_2148_R.jpg

IMG_2149_R.jpg

IMG_2150_R.jpg

シンガポールはどこでもそうですが、ビールが高いですね。なかなか気軽に飲めません。

それではまたUSSに戻ります。

IMG_2141_R.jpg

セサミストリートのアトラクション

IMG_2151_R.jpg

この後、リベンジ・オブ・ザ・マミーも復活したようなのでチャレンジ。

結局、主なアトラクションは乗れたように思います。

この日はラウンジでのカクテルタイムはあきらめて、USSをゆっくり楽しみました。

このまま、USSからマリーナベイサンズの「スペクトラ」を見に行く計画です。

ユニバーサルスタジオシンガポールの感想ですが、一言でいえば「もう、次はいいかな」。

やはりアトラクションの数が少なく、スタジオ自体も狭いこと。

意外と混んでいること。

今回、インドからの観光客が異様に多く目立ちました。インドの休暇にあたったのでしょうか。

インドの方たちは、中国からの観光客に匹敵、いやそれ以上に存在感があり、圧倒されました。

日本人はあまり見かけなかったです。そりゃ大阪の方がいいですよね。

次はまたアメリカのユニバーサルスタジオに行きたいと思います。
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment