fc2ブログ

Take a look at this

足助の街散歩

約2㎞にわたって町並みが残り、愛知県初の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている足助は、香嵐渓のすぐ隣にあります。

「足助の町並みは、戦国時代には原型が形成され、江戸初期には今のような町割りが出来上がりました。
現在の町並みは、安永4年(1775)の大火後に、防火を意図して漆喰で軒先まで塗り固めた塗籠造りの町家が建ち並び、今日にその面影を伝えています。
妻入りや平入りの変化に富んだ家並みが約2Kmにわたって続き、平成23年6月、愛知県で初めての国の重要伝統的建造物群保存地区(通称:重伝建)に選定されました。」足助観光協会HPより抜粋

昔の街並みが残されている街ということで、6月の岩村に続き、古い街並み散策をしました。

IMG_5661_R.jpg

マンホール

IMG_5660_R.jpg

IMG_5662_R.jpg

それほど古いという感じはなく、昭和の雰囲気が漂っています。

IMG_5663_R.jpg

懐かしい感じの「よろず屋さん」の前では、外国人女性が何やら食べながら盛り上がっていました

IMG_5664_R.jpg

IMG_5665_R.jpg

IMG_5666_R.jpg

両脇に蔵が連なる「マンリン小路」

IMG_5667_R.jpg

「マンリン小路」に面してマンリンギャラリー?があります。入口も素敵

IMG_5669_R.jpg

板壁にぶら下げられた柿も風情たっぷり

IMG_5671_R.jpg

見上げると干し柿製作中

IMG_5672_R.jpg

旧飯田街道の町並み。足助の町の中心だったところ

IMG_5673_R.jpg

IMG_5674_R.jpg

足助の街にはお菓子屋さんが多く、そのうちの1軒で「栗きんとん」を買いました。

「栗きんとん」といえば、岐阜の中津川地方が有名ですが、このあたりも栗が名産とのことで、お店の方のお話によればサツマイモよりは「栗」なんだそうです。

それほど広くはない街なので、1時間もあればひと回りできちゃいます。

最後にもう一度香嵐渓の景色を眺めて

IMG_5675_R.jpg

そろそろ今夜の宿に向かいましょう。
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment