fc2ブログ

Take a look at this

タイパビレッジ散策

ベネチアンをコタイストリップと反対側に抜けると、ベネチアンのシャトルバス乗り場があります。

シャトルバス乗り場を右方向に歩いていくと歩道橋があり、そこを渡ったところから動く歩道が始まります。

IMG_5934_R.jpg

動く歩道は約350メートルほどと短いですが、ラスベガス同様隣のホテルに行くのもだいぶ歩きますから、ちょっとだけでも助かります。

終点はタイパ市政公園の入口に続いています。

クリスマスとあってか、たまたまなのかフラワーフェスティバルのような物が開催されていて、とてもきれいな花々が咲き乱れていました。

これを見たら写真を撮らずにはいられません。

6_20181231123816569.jpg

植えられている花々は、バラやコスモス、ポインセチア、ベゴニアなど色鮮やかな花ばかり

7_20181231123817571.jpg

トピアリーというのでしょうか、木を様々な動物の形に刈り込んだもの

8_2018123112381925e.jpg

9.jpg

日が暮れたらきっとイルミネーションが美しいに違いありません

10.jpg

公園を抜けた先には「龍環葡韻住宅式博物館(タイパ・ハウス・ミュージアム)」があります。

ミントグリーンの建物が等間隔に並んでいますが、これらは1921年に建設された、ポルトガル人の邸宅だそうです。

11.jpg

古いコロニアル調の建物は20世紀初頭にマカオに暮らしていたポルトガル人家庭の様子を再現しており、そのうちの1軒では邸宅の内部を公開していて見学することができます。(無料)

タイパハウスミュージアムを抜けて坂を上ると目の前にカルモ教会が出現します。

IMG_5957_R.jpg

嘉模聖母教堂(カルモ教会)はタイパ島で唯一のカトリック教会だそうです。

IMG_5958_R.jpg

伝統的なクリスマスの飾り「ベレン」

IMG_5959_R.jpg

「ベレン」はスペインの伝統的なクリスマス飾りでイエス・キリストが生まれたシーンを再現した人形のことです。

スペイン以外でもカトリック国ではポピュラーなデコレーションだそうです。

カルモ教会の横にある雰囲気のある階段をくだって行きましょう。

↓上から見たところ

12.jpg

↑下から見上げたところ

降りたところの道

IMG_5966_R.jpg

IMG_5967_R.jpg

タイパビレッジの地図がありました。

IMG_5968_R.jpg

もともとタイパビレッジはタイパ島という島でしたが、コロアネ島との間を埋め立てたことによって一つの大きな島になり、埋め立てられたところがコタイ地区で、現在多くのホテルが立ち並ぶ観光地となりました。

IMG_5969_R.jpg

IMG_5970_R.jpg

IMG_5977_R.jpg

タイパビレッジ一番の繁華街?「官也街」です。

IMG_5971_R.jpg

IMG_5972_R.jpg

エッグタルトで有名なロードストウベーカリーもあります。

IMG_5975_R.jpg

道端にひっそりと。

IMG_5976_R.jpg

お腹が空いてきたので、そろそろランチにしましょう。
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment