fc2ブログ

Take a look at this

2020.1月 エジプト旅行記 (25) デンデラ(ハトホル)神殿

2020/1/20(月)

4日間お世話になったチューリップ号に別れを告げて、本日からは本格的なエジプト縦断バスの旅のスタートです。

今日からはバスにツーリストポリスの方が1人同乗し、観光客である私たちの護衛をしてくれます。

ルクソールを7時に出発し、約2時間後にデンデラの町に到着しました。

プトレマイオス朝末期からローマ時代にかけて建てられたハトホル神殿を見学します。

IMG_0003_R_20200324093103f46.jpg

IMG_0005_R_202003240931044ed.jpg

IMG_0004_R_202003240931060b1.jpg

IMG_0006_R_20200324093107f96.jpg

IMG_0008_R_20200324093109537.jpg

神殿正面の柱には上部にハトホル神の顔があるのですが、削れてしまっています。

IMG_0010_R_20200324093111346.jpg

内部に入ると、まず、ハトホル柱が林立する大列柱室があります。

3_20200324093113105.jpg

ハトホル神殿は保存状態も良く、不思議なレリーフがたくさんあります。

1_20200324093112882.jpg

4_20200324093115f10.jpg

2_202003240931168fa.jpg

天井に描かれたムート神の絵

IMG_0034_R_20200324093118f36.jpg

ムート神は、天の女神であり、手と足を突っ張って、アーチ状に描かれることが多く、朝、太陽を産み、夕方飲み込みます。

IMG_0026_R_2020032409312082e.jpg

神殿の南側の外壁にプトレマイオス王朝最後の女王、クレオパトラのレリーフがあります。

クレオパトラとシーザーの間にはシーザーとの間にできた子、カエサリオンが並んで描かれています。

クレオパトラの姿と名前が見られるのはここだけだそうです。

IMG20200120092113.jpg

IMG_0016_R_202003240931240a9.jpg

内部は、地下室もあり、屋上もあり、はしごで登る隠し部屋のような場所もあって、迷子になってしまいそうな不思議な神殿です。

IMG_0038_R_20200324093459186.jpg

IMG_0039_R_2020032409350081c.jpg

IMG_0040_R_20200324093501cc6.jpg

幅が狭く細長い地下室の壁のレリーフに、電球のようなものが見られます。「デンデラの電球」と言われています。

IMG_0045_R_202003240935041c3.jpg

同じく地下室のレリーフ

IMG_0043_R_20200324093506f63.jpg

屋上に行くのに、人が一人通れる位の、狭くうす暗い階段を延々と上っていきます。

IMG_0041_R_202003240935032c7.jpg

屋上には年に一度ハトホル神を太陽と一体化させる儀式を行う祠があります。

IMG_0055_R_202003240935132ae.jpg

IMG_0049_R_20200324093508ffa.jpg

丸い天体図のレリーフの説明をするマグディさん

IMG_0052_R_20200324093512eb7.jpg

天体図(レプリカ)

IMG_0053_R_2020032409351216d.jpg

また狭い階段を下りて外に出ます。

IMG_0056_R_202003240935148bf.jpg

見どころ満載のハトホル神殿の見学を終えると、またバスに乗って次の目的地に向かうのですが、ランチ休憩をとっている時間がないためバスの中でお弁当をいただきます。

大きなランチボックス

IMG_0059_R_20200324093636578.jpg

中身はサンドイッチ(大きなフランスパン)2個とパウンドケーキ、ジュースにポテトチップ、オレンジ

IMG_0060_R_20200324093637c15.jpg

とても食べきれません。二人で一つのサンドイッチを分け合って食べました。
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment