fc2ブログ

Take a look at this

2020.1月 エジプト旅行記 (26) アビドスへ

午後はアビドスへ向かいます。

そこにはエジプトの神殿の中で最も美しいものの一つといわれるセティ1世葬祭殿があるのです。


車窓から眺める景色はのどかな風景

IMG_0061_R_202003240936393a8.jpg

セティ1世葬祭殿は第19王朝のセティ1世によって建てられ、その息子ラムセス2世によって完成されたとされています。

IMG_0062_R_20200324093640fdd.jpg

約3300年前の建物ですが大変保存状態が良く、きれいで色も鮮やかに残っているレリーフが見どころです。

5_20200324095234415.jpg

6_2020032409523588c.jpg

7_20200324095236661.jpg

8_20200324095238c73.jpg

ここでも大列柱室があります。

IMG_0070_R_20200324095239b7a.jpg

列柱室の奥に至聖所があるのですが、ここでは、7つの神を奉っており、7つの至聖所が1列に並んでいます。

一般的に至聖所はひとつですので、7つもあるのは大変珍しい構造だそうです。

IMG_0085_R_20200324095241c65.jpg

IMG_0086_R_202003240952427af.jpg

IMG_0087_R_20200324095244287.jpg

セティ1世葬祭殿には歴代の王の名が刻まれた王名標があり、初代からラムセス2世までの名前が刻まれています。

IMG_0092_R_20200324095245ff6.jpg

しかし、エジプト初の女性のファラオであるハトシェプスト女王の名はありません。

ヘリコプターのようなものが描かれている珍しい碑文(先日NHKBSでもやってました)

IMG_0095_R_20200324095247177.jpg

さて、観光後は本日の宿泊地「ミニヤ」へ向かうのですが、なんと5時間以上バスに乗らなくてはなりません。

そしてここからはツーリストポリスが同乗するだけではなく、警察車の先導が始まりました。

IMG_0096_R_20200324095248027.jpg

IMG_0098_R_202003240952504c4.jpg

地域によってはまだまだ観光客は自由に出歩いたりできないようです。

観光産業はエジプトにとって重要な産業なので、またテロなどが起きて観光客が犠牲になることがないようにと思われます。
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment