fc2ブログ

Take a look at this

2020.7月 南房総グルメ旅 (1) 酒匠の館へ

7/27~28の1泊でまたまた南房総へ行ってきました。

房総半島へは6月に1回、今月は君津の森に続いて2回目です。

今回の目的は「網元の宿 ろくや」さんに泊まること。

しばらく前から泊まりたいなぁと思って時々サイトを覗いていたのですが、とても人気のお宿でなかなか予約がとれなかったのです。

そうこうしているうちにコロナ禍で6月末まで休業に入ってしまいました。

今月から営業を再開されたので、それっとばかりに予約を入れたのです。

今回はちょうどGoToキャンペーンの開始に間に合い、南房総市のクーポンも利用できたので、お得に泊まることができました。

チェックインは午後3時なので途中寄り道をしながら向かいます。

最初に立ち寄ったのは「酒匠の館

IMG20200727123930_R.jpg

ここは千葉の日本酒「東魁盛」を製造販売する、創業寛政5年(1793)の小泉酒造の直売店です。

最初に資料館を見学しましょう。

IMG20200727123905_R.jpg

入り口には大きなお釜があります。

IMG20200727124011_R.jpg

日本酒のコンクールで随分賞を取られているようです。

IMG20200727124022_R.jpg

中には江戸時代以降の酒造りに使われていたいろいろな道具が展示されていました。

IMG20200727124052_R.jpg

IMG20200727124059_R.jpg

IMG20200727124112_R.jpg

資料館の後はこちらの直売所にお邪魔します。

IMG20200727123854_R.jpg

こちらのお酒はほとんど全部試飲できるとのこと

この間行った久留里の酒造はどこもコロナ対策で試飲ができなかったので、嬉しいけれどいいのかな・・・

IMG20200727124714_R.jpg

それでは、とお言葉に甘えてワタシだけ試飲させてもらいます。

collage_photocat1_20200729170752a63.jpg

こちらでは、天皇皇后両陛下ご臨席のレセプションで乾杯に採用された「きみさらず」というお酒ともう1種買ってみました。

千葉県は意外に酒造メーカーが多いのですね。

たっぷりお酒の試飲をしたあとは、そこからすぐの「姥石」に行ってみることに。

IMG20200727131234_R.jpg

この石は何のために加工されたのか全く不明な不思議な石です。

ただ、昔この地に住んでいた大女が巨大な石うすで粉を引いて団子を作り、サルたちと一緒に食べていたという伝説があります。

IMG20200727131254_R.jpg

確かにちょっと変わった形で、不思議な石ですね。

お次は洞窟群が話題の岩谷観音堂を見に行きます。
スポンサーサイト



  • Posted by ちーず
  •  0

Comment 0

Post a comment